ボトックスは副作用がほとんどない!美容整形の中でも特に人気

薬剤の効果や施術種類

注射器

リスクを回避する為に

ボトックス注射治療はボツリヌストキシンと言うたんぱく質を気になる部位に注入する治療方法です。このボツリヌストキシンは副作用のない安全な薬剤であると認められています。世界70か国以上で安全性が認められており、日本でも厚生労働省も認可しています。しかし認可している唯一のものは正規品と言われるアラガン社製のみです。ボトックス治療を受ける際、クリニックによってはジェネリックのボツリヌストキシンを用意している場合もあります。ジェネリックは正規品と同一成分であり同効果で、正規品より治療費は安くなります。製造は様々な国や製薬会社が行っており、それぞれの製造元の国で安全性が認められています。ただ日本の厚生労働省からは安全性について認可されていない薬剤である事を知っておく必要はあります。ボトックス治療を受けて副作用がない事は、臨床データや試験及び世界中からの報告で証明されています。副作用がないと言われるのは正規品のみであり、中には粗悪なジェネリック薬剤により副作用が現れたという報告は事実あります。確かに正規品ボツリヌストキシンより半額以下の治療費になりますが、安全性や信頼性はアラガン社製の方が上です。ボトックス治療を受ける際に薬剤を選択する機会がある場合は、製造元や品質管理など安全性について、そのクリニックの医師から十分な説明を受けて疑問を全て解消する事がリスク回避には重要です。この治療で重要なのは医師の腕と薬剤です。両方とも信頼でき、納得して治療を受ける様にすると良いでしょう。以前は手術でしか改善できなかった事が手軽に注射だけで美容効果を得られます。ボトックス治療は、その性質から筋肉が原因で起こる美容の悩みを解決する事に適しています。逆にそれ以外の原因で起こる美容の悩みには思った効果を得られない可能性があります。症状や状態によって治療方法は変わりますが、幅広い悩みを改善する事がボトックス治療では可能です。悩みで多いダイエットして身体はスリムになったが、顔が大きく見える事があります。これはエラが張っている為に平べったく見えてしまう要因があります。その場合の原因に、咬筋という筋肉が発達している事で顔だけ大きく見えるものがあり、その際この治療方法は最適です。エラに薬剤を注入する事で、脳から筋肉への信号を緩和して筋緊張を和らげます。筋肉は使われないと小さくなっていくので、過度な筋緊張を和らげられた咬筋は徐々に小さくなり、結果エラの張りが改善できます。それにより小顔になる事ができます。このメカニズムで脚の筋肉が発達している事で起こる筋肉太りもスリムに改善する事ができます。顔の悩みでもう1つ多いのがしわですが、発生する要因はいくつかありますが、笑顔等表情を作る事でも発生します。表情筋の過剰な動きを抑制する事でしわができる事を予防したり、つやのある肌になったりする事ができます。以外に知られていないのがワキガ予防もできる事です。ワキガは汗に含まれる脂質等を、常在菌がエサとして分解する事で発生します。過剰な汗も脳からの信号によって起こるのでボトックス治療で抑制でき、結果ワキガの発生を予防する事ができます。全ての治療は注射して薬剤を注入するだけです。どの部位も施術後の赤みや腫れといった副作用はほとんどありません。薬剤自体に副作用もありません。

Copyright© 2019 ボトックスは副作用がほとんどない!美容整形の中でも特に人気 All Rights Reserved.